金運が上がる財布※選び方は色が重要

金運が上がる財布とは

金運が上がる財布は長財布

 

金運が上がる財布と言えば何と言っても長財布です。

 

お札にとって居心地の良い状態を作ってあげることが金運UPにつながるので、二つ折りの財布ではなく、お札を自然な形で収めることのできる長財布がお勧めです。

 

おすすめ金運が上がる財布はコレ

金運が上がる財布の定番 幸せの貯まる開運財布 金運・勝負運が上がる最強財布

金運が上がる財布の定番のゴールド財布。熟練の財布職人による伝統技術を駆使したハンドメイド品(日本製)です。金運・開運間違いなしの金運長財布です。

 

  

カラーセラピストも絶賛のイエローゴールドの幸せの貯まる財布。レジでもたつかずサッと出せる使いやすさが特徴の金運・開運間違いなしの長財布です。

 

  

日本古来から圧倒的な金運・開運効果の高いとされる白蛇の「いわれ」を再現した最強開運財布です。金運UPはもちろん、勝負運をあげるなら白蛇財布で決まり

 

  

 

金運を下げる財布は?

 

ビニール製の低価格過ぎる財布や、本革製の高価格過ぎる財布も好ましくありません。ビニールは五行で火の運気を意味するものです。

 

お金は金の運気。火が金を溶かす相剋の関係にあるので、お金との相性があまり良くありません。

 

財布の中にレシートを入れている人も多いですが、これらはお金の支出に関するアイテムなので、お金と一緒に入れておくことはお勧めできません。

 

支出に関するものと財布に入れておくと、出費の原因を引き寄せることになります。余計なものは財布から出して、お金の入るスペースを確保しておきましょう。

 

何事も身分相応なものが適切なので、わざわざ金運UPを狙って高い財布を買う必要もないのです。自分がいつも財布に入れておくことのできる金額と同額ぐらいのものがベストで、吉日に自宅から西の方角で購入すると金運UPにつながります。

 

更に大切なのが財布を使い始める時期です。

 

何事もスタートが肝心なので、財布の使い初めは毎月の新月の日や甲子の日を選ぶと良いでしょう。甲子の日というのは60日に1回巡ってくる吉日で、物事をスタートさせるタイミングとしては最適と言われています。カレンダーの暦に記載されているので、参考にしてみて下さい。

 

金運が上がる色はコレ

金運=黄色というのがセオリーになっていますが、実は黄色以外にも金運をUPさせる色は存在します。

 

金運が上がる色は望む形によって変わる
懸賞・宝くじを当てたい場合 パール・ホワイト・ゴールド・黄色
仕事で給料UPしたい場合 モスグリーン・エメラルドグリーン(縁を結ぶ色)
競馬・パチンコに勝ちたい場合 ゴールド・オータムレッド・ホワイト
貯金蓄財で金運UPしたい場合 クリームホワイト・アイボリー・チョコレートブラウン

 

また、これらの色で全て統一する必要はありません。
ワンポイントで取り入れるだけでも充分効果は期待できます。

 

ただ1つ注意して欲しいことが男性に多い黒。

 

黒はカリスマ性があり芸術家が好む色ですが、何物にも染まらない、何物にも動じない性質があります。自分の軸がブレナイという意味では良いのですが、良い運気も悪い運気も全て跳ね返してしまうので使い方に気をつけて下さい。

 

「色だけで金運が上がるの?」と半信半疑な人もいるかと思いますが、カラーセラピーと呼ばれる色彩療法があるように、色には物事を動かす力があります。

 

青い食べ物では食欲が湧かないのと同じように、金運を引き寄せる色を利用すれば良いのです。自分の好きな色に拘りたい人は、好きな色をベースとして金運UPの色をポイント使いにしてみて下さい。